コンテンツにスキップする

トランプ大統領、対中通商合意はなお可能-関税引き上げ近づく中

更新日時
  • 10日に対中関税を引き上げる計画も重ねて表明
  • 中国国家主席と電話会談する可能性あるとトランプ大統領

トランプ米大統領は9日、通商協議で中国との週内の合意はなお可能との見解を示した。ただ、10日に対中関税を引き上げる計画を重ねて示した。

  トランプ大統領はワシントンのイベントで演説し、中国の習近平国家主席と電話会談する可能性があると述べた。習主席は大統領に貿易摩擦を緩和する共同の取り組みに関する書簡を送った。劉鶴副首相ら中国代表団との2日間にわたる協議はワシントンで9日午後5時(日本時間10日午前6時)から始まる。

U.S. President Donald Trump Holds Press Conference On Healthcare Pricing

トランプ大統領

Photographer: Joshua Roberts/Bloomberg

  トランプ大統領は、習主席は「素晴らしい書簡をしたため、私はそれを受け取ったところだ。恐らく電話で話すつもりだが、われわれには2つの素晴らしい代替案がある。米国は非常にうまくやっている」と発言。合意に至らない場合の「われわれの代替案は素晴らしい。私は以前からこれについて話してきた」と語った。

  事情に詳しい関係者によると、ワシントン時間9日午後1時(日本時間10日午前2時)現在、米中首脳の電話会談は予定されていない。

  中国からの輸入品2000億ドル(約22兆円)相当に対する関税率の10%から25%への引き上げは10日午前0時1分(日本時間同午後1時1分)に発効の予定。

原題:Trump Says China Trade Deal Is Possible as Tariff Hike Nears (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE