コンテンツにスキップする

バー米司法長官は議会侮辱罪に相当-下院司法委が決議案可決

  • 特別検察官のロシア疑惑報告書巡りトランプ氏は大統領権限を主張
  • 下院司法委員長:憲法の危機に陥っている、本会議採決後に提訴へ

米下院司法委員会は8日、モラー特別検察官によるロシア疑惑報告書を無編集の形で提出するよう求める召喚状にバー司法長官が応じなかったのは、議会侮辱罪に相当するとの決議案を可決した。ホワイトハウスは特別検察官の報告書を巡り大統領権限を行使すると主張している。

  下院司法委は8日、賛成24、反対16で同決議案を可決。下院民主党からの全文公開および証言要求を拒むトランプ政権との対立がエスカレートした形だ。トランプ大統領は先月、「あらゆる召喚状と戦っている」と述べており、大統領弾劾手続きを検討し始める民主党議員が増えている。

AG Barr Faces House Judiciary Contempt Vote On Refusal To Share Full Mueller Report

ナドラー下院司法委員長

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  ナドラー下院司法委員長は採決後に記者団に対し、「憲法の危機に陥っている」と述べ、モラー特別検察官のロシア疑惑報告書に関する議会の監督を、政権側が「妨害」しようとしていると批判。決議案は下院本会議に「速やかに」送付されることになるが、来週にも送られるかどうかは分からないとコメントした。その上で、民主党が本会議での採決後に本件について裁判所に訴える方針を示し、「われわれは勝訴する」と語った。

  一方、トランプ大統領はモラー特別検察官の報告書全文を含め同委が提出を求めていた資料について大統領権限を主張している。サンダース報道官は同委の採決の数時間前に声明で「ナドラー委員長のあからさまな職権乱用に直面し、大統領は司法長官の求めに応じて大統領権限を主張する以外に選択肢がなくなった」と説明した。

原題:House Panel Holds Barr in Contempt as Trump Amps Up Mueller Feud(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE