コンテンツにスキップする

ブレイナードFRB理事もイールドカーブ目標言及-クラリダ氏に追随

  • イールドカーブ目標についてもっと意見聴きたい-ブレイナード理事
  • クラリダ副議長は2月、日銀と同様の長期金利上限設定案に言及

米連邦準備制度理事会(FRB)が1年にわたり金融政策の枠組みに関する検証を進める中、ブレイナード理事は、金利が既に低い状況で当局のアプローチを改善できるか見極めるため、イールドカーブ(利回り曲線)を目標とするアイデアについて「もっと意見を聴きたい」と述べた。

  ブレイナード理事は8日、バージニア州リッチモンドで開かれたイベントで、クラリダFRB副議長が2月22日のスピーチで触れたこの手法に言及。「当局が従来目標としてきた短期金利がゼロを付けたら、期間がやや長めの金利に目を向けてもいいかもしれない。例えば、まず1年物金利に注目し、追加の刺激策が必要な場合には2年物金利に移るという形だ」と述べた

Lael Brainard

ブレイナードFRB理事

写真家:Andrew Harrer / Bloomberg

  クラリダ副議長は2月に、日本銀行と同様により長期の米国債利回りに当局が一時的な上限を設けることに言及。日銀は2016年以降、10年物国債利回りに操作目標を設定している。クラリダ副議長はFRBがこの選択肢を危機時に検討して「不十分」と判断したものの、今後の検証に含まれると話していた。

  米金融当局はインフレ率を目標の2%に持続的に押し上げることができない状況が何年も続いたことから、最大限の雇用と物価安定という二大責務の達成に向けたアプローチを見直す是非について意見を募っている。また、平均的なインフレを目標とすることや、インフレ目標の未達分を埋め合わせる戦略のほか、マイナス金利なども含めて検討されている。

  ブレイナード理事はFRBが目標金利を達成するためバランスシートを活用する可能性もあると述べ、「埋め合わせ戦略と同様、こうしたアプローチは当局がどの程度の期間にわたって金利を低水準で維持する方針なのかを公に伝達する上で役立つ可能性がある」と指摘した。

原題:Brainard Joins Clarida Saying Fed Should Review Yield Targeting(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE