コンテンツにスキップする

モルガンSのパリのボーナス裁判、欧州バンカーの報酬変える可能性

  • 元モルガンSバンカーのムーラ氏、繰り延べ報酬の支払い求め提訴
  • ムーラ氏は報酬制度を承知していた、米国法が優先-モルガンS
The Cour de Cassation in Paris.

 

The Cour de Cassation in Paris.

 

Photographer: Thomas Samson/AFP via Getty Images
The Cour de Cassation in Paris.

 
Photographer: Thomas Samson/AFP via Getty Images

モルガン・スタンレーのバンカーだったベルナール・ムーラ氏はボーナスを巡り同社を訴えている。この件は恐らくフランスの最高裁判所にまで行くとみられ、いずれが勝訴するにせよフランスあるいは欧州連合(EU)全体のバンカー報酬についての重要な前例となるだろう。

  同氏はモルガン・スタンレー勤務中に年間で1億ドル(約110億円)余りの手数料を稼いだ翌年に、150万ドル相当の繰り延べ報酬の支払いを同社が拒否したことは不当だと主張している。

  弁護士のエリック・マンカ氏は7日午前のインタビューで、「ムーラ氏のような人は大勢いる」と述べ、「原理原則についての闘いだ。最高裁まで行くだろう」と語った。

  裁判では、2015年にモルガン・スタンレーを退社したムーラ氏が、勤続を支払いの条件とする報酬制度を知っていたかどうかが焦点になる。同時に、ウォール街の金融機関に適用される米ニューヨーク州の法律がパリやロンドン、フランクフルトで働く米銀幹部の報酬についてフランスやEUの法律に優先するのかということも争点になる。

  モルガン・スタンレー側の弁護士であるフランソワ・ファルミン氏は、ムーラ氏は報酬制度について、またこの訴訟においてニューヨークの法律が優先されるべきであることを十分に承知していたと論じた。 モルガン・スタンレーの広報担当、ヒュー・フレーザー氏はコメントを控えた。

  原告側のマンカ弁護士は、ムーラ氏が明示的にそれに同意したのでない限り、モルガン・スタンレーの報酬制度はフランス法の下で違法であり、ムーラ氏は同意していないと言明した。

  パリの雇用審判所は6月25日に判決を下す予定。

原題:Morgan Stanley Paris Bonus Case May Change Banker Pay in Europe(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE