コンテンツにスキップする

リフト株、上場以来の安値-大幅赤字が売り上げの伸びに影落とす

  • 時価総額はIPO前の151億ドルに近い水準まで縮小
  • 「一部の投資家にとって見過ごし難い可能性が高い」とスティーフル
A Lyft driver navigates to her passenger in San Francisco.
A Lyft driver navigates to her passenger in San Francisco. Photographer: Mike Coppola/Getty Images
A Lyft driver navigates to her passenger in San Francisco.
Photographer: Mike Coppola/Getty Images

8日の米株式市場で配車サービスの米リフトの株価が上場来安値を記録した。1-3月(第1四半期)決算で示された大幅な赤字によって、売り上げの伸びが予想を上回った好影響が打ち消されたと受け止められた。

  リフトの株価終値は11%安の52.91ドルと、3月の上場以来となる安値を付け、時価総額は152億5000万ドル(約1兆6800億円)と、新規株式公開(IPO)前の151億ドルに近い水準まで縮小した。株価は上場後27%下落している。

  1-3月の業績をアナリストはおおむね前向きに受け止めたが、スティーフルは赤字について「一部の投資家にとって見過ごし難い可能性が高い」と分析し、パイパー・ジャフレーも「著しく利益の出ない状況」を考えると、リフト株は「全ての投資家にふさわしいものでないかもしれない」と指摘した。

Shares fell despite a positive analyst reaction to the results

原題:Lyft Plunges to Low as Loss Overshadows Revenue Growth (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE