コンテンツにスキップする

中国が報復を計画、米関税引き上げ後-トランプ氏は合意を楽観

更新日時
  • 米中が9、10両日の通商協議を前に相反するシグナル発信
  • 米国が計画通り関税を引き上げれば「非常に遺憾」と中国商務省
トランプ大統領

トランプ大統領

Photographer: Zach Gibson/Bloomberg
トランプ大統領
Photographer: Zach Gibson/Bloomberg

米中両国は通商問題を巡り相反するシグナルを発している。米国が計画する対中関税引き上げが発効すれば、報復措置に出る方針を中国が表明したのに対し、トランプ米大統領は米中合意を楽観する姿勢を示した。

  中国商務省は8日夜の声明で、「貿易摩擦を激化させるのは両国の国民および世界の利益にならない」とした上で、米国が計画通り関税を引き上げれば「非常に遺憾だ」と指摘した。

President Trump Departs White House For Florida

トランプ大統領(5月8日)

Photographer: Al Drago/Bloomberg

  一方、トランプ大統領は8日朝、中国の代表団が訪米するのは「合意を成立させるためだ」と同国が伝えてきたとツイートした。劉鶴副首相率いる代表団は米側との通商協議のため9、10両日にワシントンを訪れる。

  米国はすでに、中国からの輸入品2000億ドル(約22兆円)相当に賦課する関税率を、東部時間10日午前0時1分(日本時間同午後1時1分)に25%に引き上げると明らかにしていたが、米通商代表部(USTR)は連邦公報のウェブサイトに正式な通知文書を掲載した。

  トランプ大統領が一連のツイートを発信した後、ホワイトハウスのサンダース報道官は記者団に対し、「中国から、合意に前向きな示唆があった。米国の交渉団は明日、中国側と協議する。結果を見守る」と述べた。

  トランプ氏のツイートとサンダース氏の発言を受け、米株式相場はそれまでの下げを埋めていったん上昇に転じた。その後、中国商務省の声明が明らかになると、S&P500種株価指数は結局、3日続落して取引を終えた。

ヒルズ元USTR代表が米中貿易摩擦について語る

Daybreak: Americas." (Source: Bloomberg)

原題:China Threatens Retaliation as Trump Touts Chances of Deal (1)China Ministry Says to Take Countermeasures on U.S. Tariff Moves(抜粋)

(詳細な背景説明や最新の株価動向を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE