コンテンツにスキップする

シーメンス:1-3月利益、予想上回る-ガス・電力部門を分離へ

  • 部門分離後の新会社を2020年までに上場させる計画
  • 工業部門の調整後利益24.1億ユーロ-予想22.3億ユーロ

欧州最大のエンジニアリング会社、ドイツのシーメンスの1-3月(第2四半期)利益は市場予想を上回った。同社は決算発表に先立ち、ガス・電力部門を分離・上場させるほか、1万人余りを削減する計画を明らかにしていた。

  8日の発表資料によれば、工業部門の利払い・税金・償却控除前利益(EBITA)は調整後ベースで7%増の24億1000万ユーロ(約2970億円)。ブルームバーグがまとめたアナリストの予想平均は22億3000万ユーロだった。

  ヘルスケア部門の受注の伸びと、工場にオートメーションサービスを提供するデジタルファクトリー部門の力強いリターンが利益押し上げにつながった。

  ジョー・ケーザー最高経営責任者(CEO)は7日夜、ガス・電力部門を分離し、新会社を2020年までに上場させる計画を発表。同CEOはシーメンスを複合企業から持ち株会社に似た構造に転換し、意思決定プロセスの加速を目指している。

Out of Gas

Siemens' Gas and Power division had second-lowest profit but highest revenue

Source: Company filing

Note: Numbers are revised by Siemens for FY 2018

原題:Siemens Tops Profit Estimates, Plans Listing of Energy Unit (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE