コンテンツにスキップする

JPモルガンやシティ、外為取引問題でEUが近く制裁金発表-関係者

  • バークレイズやHSBCホールディングスも調査の対象
  • 決定に異議を唱えないことを条件に制裁を軽くする和解合意の一部

JPモルガン・チェースやシティグループなどが外国為替取引で共謀した疑いについて5年近く調査している欧州委員会は、これらの銀行に対する制裁金を近く発表する見込みだ。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

  調査は部外秘だとして関係者が匿名を条件に述べたところによると、制裁金は週内にも発表の可能性がある。欧州委の決定に異議を唱えないことを条件に制裁を軽くする和解合意の一部となる。

  バークレイズHSBCホールディングス、UBSグループも欧州委の調査の対象に含まれる。

  JPモルガンとシティ、欧州委はコメントを控えた。他の銀行はこれまでのところ、コメント要請に応じていない。

原題:JPMorgan, Citi Said to Face EU Fines Over Currency Collusion (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE