コンテンツにスキップする

モザイク株急落、通期利益見通しを嫌気-他の肥料株も安い

  • 一時9.6%安と、日中ベースで2013年7月以来の大幅な下げ
  • 修正後の通期利益見通しもなお楽観的である可能性とアナリスト

7日の米株式市場で、米肥料メーカーのモザイクの株価が下落。一時はここ約6年で最大の下げとなった。天候や規制、貿易を巡る問題に加え、肥料価格が値下がりする中、同社が示した通期の見通しは過大評価だとの見方が広がった。

  リン酸肥料で最大手のモザイクはブラジルの新たな規制やカナダの増税に絡んだ費用を理由に通期利益見通しを引き下げたものの、バンク・オブ・モントリオールのアナリスト、ジョエル・ジャクソン氏はリン酸肥料の値下がりを踏まえると、修正後の見通しもなお楽観的である可能性があると指摘した。また、米国の農業従事者は供給過剰の市場と米中貿易摩擦が長期化する見通しに直面しているほか、悪天候により中西部全域で作付けが遅れている。

  モザイク株は8%安で終了。一時9.6%安と、日中ベースでは2013年7月以来の大幅な下げとなった。他の肥料株も下落し、ニュートリエンは3.4%安、CFインダストリーズは5.2%安で引けた。

Fertilizer shares tumble as bad news stacks up

原題:Mosaic Plummets in ‘Depressing Day’ for Fertilizer Stocks (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE