コンテンツにスキップする

グーグル、画面付きの新型スマートスピーカーを発表

  • 開発者会議で229ドルの同スピーカーを披露
  • 現行モデルの名称は「グーグルネストハブ」に変更

米グーグルは7日、現行モデルより大きな画面と高品質の音声、ビデオ通話機能を搭載した新型スマートスピーカー「ネストハブマックス」を発表した。人工知能(AI)アシスタントをより多くの家庭に普及させる幅広い取り組みの一環。

  同社はカリフォルニア州マウンテンビューで開催された開発者会議で229ドル(約2万5000円)のネストハブマックスを披露。新モデルのディスプレーは10インチと、現行モデルの7インチよりも大きい。新モデルには、ビデオ通話のほかセキュリティーカメラとしても使用できる高解像度の前面カメラも追加された。

Google Hosts Its Annual I/O Developers Conference

ネストハブマックス

写真家:ジャスティン・サリバン/ゲッティイメージズ

  現行の画面付きスマートスピーカー(129ドル)は、名称を「グーグルネストハブ」に変更する。以前の名称は「グーグルホームハブ」だった。

  新製品は画面を見ている人にカレンダーの予定など必要な情報を表示する「フェイスマッチ」機能も搭載。グーグルはこうした機能の追加で、米アマゾン・ドット・コムの画面付きスマートスピーカー「エコーショー」への対抗を強める。

原題:Google Launches Nest Hub Max With Larger Screen, Video Chat(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE