コンテンツにスキップする

医薬品メーカー、マイランの株価が19年ぶりの大幅下落

  • 10カ月続いている検証作業で最新情報を「近く」提供する-CEO
  • 株価は24%安の21.53ドル-2012年以来の安値
Signage is displayed outside of the Mylan NV facility in Morgantown, West Virginia, U.S.

 

Signage is displayed outside of the Mylan NV facility in Morgantown, West Virginia, U.S.

 

Photographer: Justin Merriman/Bloomberg
Signage is displayed outside of the Mylan NV facility in Morgantown, West Virginia, U.S.

 
Photographer: Justin Merriman/Bloomberg

7日の米株式市場で医薬品メーカー、マイランの株価が19年ぶりの大幅下落。世界全体で苦戦している同社が10カ月間続けている戦略的検証について、最新情報を提供しなかったことが嫌気された。

  ジェネリック(後発医薬品)を手掛けるマイランのヘザー・ブレッシュ最高経営責任者(CEO)はこの日、1-3月(第1四半期)決算発表後の投資家との電話会議で、同社が製造問題や競争、価格低下に直面しており、「未曽有のボラティリティー」を起こしていると説明した。

  同社取締役会は昨年8月、「真の価値を解き放つさまざまな代替策」を検討する特別委員会を設置すると表明。今年2月にブレッシュCEOは委員会の「結論は近い」と考えると表明していた。この日、同CEOは委員会が「膨大な作業を進めている」とし、最新情報を「近く」提供すると述べるにとどめ、投資家に待つよう求めた。

  ただ、市場にそうしたムードは存在せず、マイランの株価終値は24%安の21.53ドルと、2000年6月以来最大の下落となり、12年以来の安値を記録した。

Mylan's Troubles

The shares have fallen well behind a broader gain in health-care stocks

Source: Bloomberg

原題:Mylan Suffers Biggest Drop in Almost Two Decades Amid Drug Pain(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE