コンテンツにスキップする

ボーイング、737MAX顧客と会合-「透明性」改善に向け

  • 同社は運航会社やリース会社と協議-6回程度の会合の第一弾
  • FAAは空軍やNASAの専門家と委員会設置-ソフト修正を検証

ボーイングは7日、737MAXの運航会社およびリース会社とアムステルダムで会合を行った。2件の墜落事故を起こした同機種の商業運航再開に向けて下準備を進めている同社が世界各地で予定している約6回の会合の第一弾。

  ボーイングの広報担当ゴードン・ジョンドロー氏によると、幹部らはこうした会合を利用して737MAXの保守管理方法を協議する。またMAXの運航再開を当局が認可した際に「同機種を復帰させる」計画にも言及する。パイロット訓練やソフトウエア更新、MAXのイメージ回復に向けた活動なども議題になる見通し。同機種は3月10日に起きた墜落事故の数日後に運航停止となった。

  ジョンドロー氏は「透明性など改善を迫られている分野が多くあることをわれわれは承知している」と説明した。

  一方、米連邦航空局(FAA)はMAXのソフトウエア修正を検証するため空軍や米宇宙航空局(NASA)、米運輸省の関連機関の専門家で構成する委員会を立ち上げる。同委員会の勧告はMAXの安全な運航再開に関するFAAの判断に直接影響すると説明している。

原題:Boeing Vows ‘Transparency’ to 737 Max Buyers in New Outreach (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE