コンテンツにスキップする
Photographer: David Ryder/Bloomberg

ボーイング株下落、737MAXのリスク過小評価とバークレイズ警告

  • バークレイズは投資判断と目標株価をそれぞれ引き下げ
  • 同機種を避けたいという乗客の意向は「予想より深刻な可能性」
The tail of a Boeing Co. 737 Max 9
Photographer: David Ryder/Bloomberg

7日の米株式市場でボーイング株が下落した。インドネシアとエチオピアで起きた737MAXの墜落事故に伴う影響を市場はなお過小評価しているとして、バークレイズ・キャピタルが投資判断を引き下げた。

  アナリストのデービッド・ストラウス氏はリポートで「737MAXの生産回復には見込みよりも時間がかかるとわれわれは考える」とし、同機種への搭乗を避けたいという乗客の意向は「予想以上に深刻な可能性が高い」と指摘。投資判断を「イコールウエート」と、これまでの「オーバーウエート」から引き下げるとともに、目標株価を従来の417ドルから367ドルに下方修正した。

  ボーイングの株価は一時4.5%下落し、最近の下げに拍車がかかった。ここ8営業日で7日下落しており、3月初めに付けた終値ベースでの最高値からは18%余り下げている。

Shares down in seven of the past eight days

  乗客が同機種に対して感じている「不安は極めて小さい」と市場は見ているが、「ソーシャルメディアの力や乗客が予約前に搭乗機を確認できることを踏まえれば、今回は過去の事例より事態が悪化し得るリスクがある」とバークレイズは分析。乗客調査を引用し、「半分近くがMAXを1年以上、利用しないだろう」と記した。

原題:Boeing Drops as Barclays Warns of Underappreciated 737 Max Risk(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE