コンテンツにスキップする

スプリントの携帯端末契約者数、市場予想上回る-1-3月

  • 月決め携帯端末契約者数は16万9000人の純増
  • 最も利益率の高い月決め電話契約者数は18万9000人の純減

スプリントの携帯端末契約者数の伸びは1-3月(第4四半期)に市場予想を上回った。販売促進活動が新規顧客の呼び込みにつながった。TモバイルUSによる265億ドル(約2兆9200億円)規模のスプリント買収計画は、規制・監督当局の承認待ちの状況だ。

  • ウオッチやタブレットを含む月決め携帯端末契約者数は16万9000人の純増となった。ただ、最も利益率の高い月決め電話契約者数は18万9000人の純減。アナリスト7人の予想平均によると、全ての携帯端末契約者数は7万1000人、電話契約者数は14万8000人の純減がそれぞれ見込まれていた
  • 4Q損益はのれん代減損20億ドルを考慮したベースで21億7000万ドル(1株当たり53セント)の赤字。売上高は4.4%増の84億4000万ドルで、アナリストの予想平均(81億9000万ドル)を上回った
  • スプリントの株価は時間外取引で一時1.2%上昇。その後は売り優勢の展開
  • 決算へのリンク

原題:Sprint Tops Subscriber Estimates, Awaits T-Mobile Deal Decision(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE