コンテンツにスキップする

1MDBへのゴールドマン関与、米国など3カ国当局が会合

  • 米国とマレーシア、シンガポールが法的なアプローチ調整
  • 会合は押収資産から回復した資金の初回送金について-マレーシア
The Goldman Sachs & Co. logo is displayed at the company's booth on the floor of the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S.

The Goldman Sachs & Co. logo is displayed at the company's booth on the floor of the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S.

Photographer: Bloomberg/Bloomberg
The Goldman Sachs & Co. logo is displayed at the company's booth on the floor of the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S.
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

米国とマレーシア、シンガポールの3カ国の司法当局は今週クアラルンプール近郊で会合を開く。ゴールドマン・サックス・グループがマレーシア政府系ファンド「1マレーシア・デベロップメント(1MDB)」の資金調達で果たした役割について、当局間の法的なアプローチを調整することが目的だと、事情に詳しい関係者が明らかにした。

  匿名を希望した関係者によると、会合は米司法省とマレーシア、シンガポールの検察当局の代表者らが集まり、7日と8日に開催される。シンガポールの警察官僚も出席する。

  ゴールドマンは1MDBによる60億ドル(約6640億円)余りの債券発行に関与し、約6億ドルの手数料収入を得た。だが、この件で3カ国の司法当局の調査を受けている。マレーシア当局はゴールドマン関連3社に対して刑事罰を問い、米司法省は同行の元行員2人を訴追した。シンガポール当局はゴールドマンとの訴追延期合意を模索する計画だと、関係者の1人は述べた。

  マレーシア財務省はツイッターを通じ、押収した1MDB資産から回復した資金の初回送金について米国の代表者と7日に会合を持ったと認めた。米司法省は通常の業務時間外のためか連絡が付かず、シンガポールの当局は今のところコメント要請に応じていない。ゴールドマンの広報担当者はコメントを控えた。

原題:Goldman Said to Be Focus as Officials Meet on 1MDB Approach (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE