コンテンツにスキップする

トルコ資産が下落、リラは7カ月ぶり安値-イスタンブール選挙を嫌気

  • トルコ・リラ、7日の市場で新興国通貨のうち最大の下落
  • リラは6月末までに20%余り下落、1ドル=7.9リラに-TD

7日の金融市場ではトルコの通貨リラが新興国通貨中で最大の下落となり、同国の株価指数は今年の上げを失った。イスタンブール市長選挙のやり直し決定が嫌気された。

  リラは7カ月ぶりの安値となり、主要株価指数のイスタンブール100種指数は一時2.5%安となった。政治的混乱が長引き、10年ぶりのリセッションに見舞われている経済の立て直しが遅れることが懸念されている。

Turkish equities' valuation sinks to lowest since 2009

  TD証券の新興市場戦略責任者、クリスチャン・マッジョ氏は、リラが6月末までに20%余り下落し1ドル=7.9リラまで落ち込むとみている。現地時間7日午後0時22分現在では、1.3%安の1ドル=6.1618リラ。選挙管理委員会の6日の決定前に既に1ドル=6リラの節目を割り込んでいた。

Lira extends decline after vote decision, trades at weakest since October

原題:Turkey Assets Sink as Istanbul Vote Re-Run Raises Political Risk(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE