コンテンツにスキップする

ブリッジウォーター共同CEO、ウェルズFがCEO職打診か-WSJ

  • 同行の担当者がマリー氏や同氏に近い人々に最近接触したとWSJ
  • ウーバーやBNYなどのポストに就く可能性もほのめかしたと同紙

世界最大のヘッジファンド、ブリッジウォーター・アソシエーツのアイリーン・ マリー共同最高経営責任者(CEO)が、同社を去る可能性について社内外の人々と話したと米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ、オンライン版)が報じた。事情に詳しい複数の関係者からの情報を引用した。

Key Speakers At The 2019 Milken Conference

アイリーン・ マリー氏

Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg

  WSJ紙が6日に伝えたところでは、空席となっている米銀ウェルズ・ファーゴのCEOのポストを巡り、同行の担当者がマリー氏や同氏に近い人々に最近接触した。 同紙によれば、マリー氏(61)は、ウーバー・テクノロジーズやメットライフ、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)を含む他の企業のポストに就く可能性もここ数年ほのめかしていたという。

  ブリッジウォーターの創業者である資産家のレイ・ダリオ氏は共同会長の肩書をゆくゆくは手放す考えだが、継承プランが正式にスタートした2010年以降、経営チームの適切な布陣を整えるのに苦労している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE