コンテンツにスキップする

ゴールドマンに12000%の慰め、ウーバーIPOでモルガンSに敗れても

  • 2011年に自社資金で行った500万ドル大きな利益生む
  • ウーバーへの出資については内部で意見対立、コーン氏は推進

ゴールドマン・サックス・グループは、ここ数年で最も注目されている新規株式公開(IPO)で主幹事獲得を逃した。配車アプリのウーバー・テクノロジーズのIPOだ。

  慰めはゴールドマンが2011年に自社資金で行った500万ドル(現在の為替レートで約5億5400万円)の投資だ。 ウーバーがサービスを開始してからわずか1年後のこの投資が6億ドルの利益を生む可能性がある。

  ゴールドマンはウーバーIPOの主幹事獲得争いでモルガン・スタンレーに敗れたが、利益は逃さない。

Stocks Drop as Cohn Resigns; Bonds, Yen Advance: Markets Wrap

ゲーリー・コーン氏

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  ゴールドマンのバンカーらがそのために、伝統的なライバルであるモルガン・スタンレーを熱狂的に応援するという異例の事態になっている。モルガン・スタンレーがウーバーの売り込みに成功しIPO価格が仮条件レンジの上限で決まれば、ゴールドマンはかつてのウーバー投資によって驚異的な12000%のリターンを達成することになる。

  ウーバーへの出資については内部で意見対立があり、少なくとも現最高経営責任者(CEO)のデービッド・ソロモン氏は懐疑的だった。最初は否定的だった同氏だが、最終的には出資を支持した。

Goldman, Citigroup Slide With `No Tiger at Augusta' Comeback

デービッド・ソロモン氏

Photographer: Patrick T. Fallon/Bloomberg

  社長を務めたゲーリー・コーン氏はウーバー出資について、「良い投資ではないと考えた人が多かった」と振り返った。同氏は資本参加を強く推したという。

  反対した人は特定しなかったが、意見の相違は良いデューデリジェンスの表れだったと述べた。6億ドルはゴールドマンが今も保有している1000万株をレンジ上限の公開価格で売却した額に、これまでのソフトバンクへの売却で既に実現している利益の合計。

原題:Goldman’s 12,000% Consolation After Morgan Stanley Wins Uber (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE