コンテンツにスキップする
Photographer: AFP Contributor/AFP

FRB、企業による高リスクの借り入れについて警戒感強める

  • 最新の金融安定性報告でレバレッジ融資巡る問題に言及
  • レバレッジ融資組み込むローン担保証券で「予想外の損失」も
A view of the Federal Reserve building is seen on May 2, 2018 in Washington, DC. - The Fed is not expected to raise the benchmark lending rate later Wednesday when it announces its decision on monetary policy at the conclusion of a two-day meeting, but is widely expected to hike a second time in June. (Photo by Brendan Smialowski / AFP) (Photo credit should read BRENDAN SMIALOWSKI/AFP/Getty Images)
Photographer: AFP Contributor/AFP

米連邦準備制度理事会(FRB)は6日、債務をどんどん膨らませているのは信用履歴が劣悪の企業だとし、企業による高リスクの借り入れに警戒感を強めていることを明らかにした。ただ、こうした事態に何らかの対応するかという問題については、回答を示さなかった。

  FRBは最新の金融安定性報告で、レバレッジ融資残高が昨年に20%増加した一方、融資契約の中に盛り込むデフォルト(債務不履行)の際の貸し手保護が弱められていると指摘した。FRBは全員一致で報告の内容を承認したが、活気づいている市場を抑制するのに講じる可能性がある措置は一切示さなかった。

  米議員や国際通貨基金(IMF)当局者に加え、元中央銀行当局者の間でも、FRBをはじめとする金融規制監督当局がレバレッジ融資の動向に十分警戒しているかどうか、疑問視する声が高まっている。レバレッジ融資は多額債務の企業を巻き込む形での企業の合併・買収(M&A)にしばしば活用される。

  特に懸念すべきなのは、何千人もの従業員を抱える企業が、景気悪化の際に財務面で深刻なストレスに直面したり、一部のケースで支払い不能に陥ったりすることだ。

  レバレッジ融資は通常、ローン担保証券(CLO)に組み込まれる。FRBは報告で、CLO投資を行っている保険会社や銀行などについて、その根源部分の融資がストレスにさらされて「予想外の損失」に見舞われるリスクがあるとした上で、CLOの流通市場は「通常時であっても」あまり流動性が高くないと論じた。

  FRBはレバレッジ融資を巡るもう1つの潜在的リスクとして、銀行ローンや高利回り債に投資する投資信託が流動性のミスマッチに直面する可能性にも言及した。

原題:Fed Issues More Warnings on Danger of High-Risk Company Debt (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE