コンテンツにスキップする

クラフト・ハインツ、決算を修正へ-調達での不正行為が発覚で

  • 決算調整は「数量的に重大ではない」ー届け出
  • クラフト・ハインツを信頼している-株主のバフェット氏

食品大手の米クラフト・ハインツは2016年と17年、および一部18年の決算を修正する計画だと明らかにした。調達における従業員の不正行為で商品の販売コストが増加した証拠が見つかったという。

  6日の規制当局への届け出によると、サプライヤーのリベートや他の虚偽記載の修正による調整後1株利益への影響は、各年2%未満にとどまる見通し。6日の米株式市場で、クラフト・ハインツの株価は一時0.8%安。

  同社は社内調査を完了し、上級幹部による不正行為の証拠は見つからなかったと明らかにした。同社は今年、調査を理由に年次報告の届け出を延期し、実行可能な限り早期に提出すると表明していた。クラフト・ハインツ株主のウォーレン・バフェット氏は6日、同社を信頼していると述べた。

  クラフト・ハインツが抱える問題は山積されており、2月には154億ドル(約1兆7000億円)の評価損を計上し、証券取引委員会(SEC)から召喚状を受け取ったことを公表した。

Kraft Heinz has struggled to cap declines over the past two years

  同社の届け出によれば、一部項目を除いたEBITDA(利払い・税金・減価償却・償却控除前利益)への調整は合計で約2億4400万ドルだった。「これまでのいかなる年あるいは四半期に対しても数量的に重大ではない」という。

原題:Kraft Heinz to Restate Earnings Amid Procurement Misconduct (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE