コンテンツにスキップする
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

債券トレーダー、念頭にある言葉は「一過性」-米インフレ指標控え

  • パウエル議長、インフレの弱さについて「一過性」の要因に言及
  • 今週は米国の生産者物価と消費者物価の最新データが発表される
Pedestrians stand in front of monitors displaying the U.S. Dollar (USD) and Euro (EUR) exchange rate outside Morgan Stanley & Co. headquarters in the Times Square neighborhood of New York, U.S., on Monday, April 8, 2019. U.S. stocks pared losses as investors awaited signs of progress in the trade war with China ahead of the latest corporate earnings season.
Photographer: Bloomberg/Bloomberg

今週発表される米インフレ指標を注視する債券トレーダーらの念頭にあるのは「一過性」という言葉だ。

  パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は先週の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合後の記者会見で、物価圧力の弱さは一過性の要因による可能性があるとの見方を示した。

  今週は米国の生産者物価と消費者物価の最新データが発表される。トレーダーらは議長の認識が正しいかどうかを見極めようと指標を注視することになる。10日発表の消費者物価指数(CPI)は4月のインフレ回復を示すと見込まれている。

U.S. money markets see lower rates in the year ahead

  TDセキュリティーズの米金利担当シニアストラテジスト、ジェナディ・ゴールドバーグ氏は「パウエル議長がインフレを抑制している一過性の要因を示唆したことを受け、CPI統計は非常に重要になる」と述べた。ただ、「強めのインフレ指標は年内の利下げ観測を後退させるのに役立つかもしれないが、1回限りのデータだとして疑問視する向きもあるだろう」と話した。

  パウエル議長は先週、当局者らは金利をいずれの方向かに動かす強い根拠はないとみていると発言。トレーダーらは依然として次の動きは0.25ポイント利下げと見込んでいるものの、先物市場がこれを完全に織り込む時期は2020年半ばとなっている。

原題:One Word Grips the Bond Market Before Crucial Inflation Update(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE