コンテンツにスキップする

ソフトバンクG、「ビジョン・ファンド」のIPOを検討-関係者

  • IPO構想は初期段階-実現すれば投資家は持ち分を現金化する機会
  • 伝統的なIPOではなく、直接上場を検討する可能性
ソフトバンクの孫正義氏

ソフトバンクの孫正義氏

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg
ソフトバンクの孫正義氏
Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

ソフトバンクグループの一部幹部は、1000億ドル(約11兆1100億円)規模の投資ファンド、「ビジョン・ファンド」の新規株式公開(IPO)を実施する構想を検討している。同ファンドはウーバー・テクノロジーズウィーワークなどさまざまなハイテク企業に投資している。

  情報の非公開を理由に匿名で語った事情に詳しい関係者によると、この構想は初期段階にある。実現すれば、ビジョン・ファンドの投資家が持ち分の一部または全てを現金化する機会を得る。関係者によれば、同ファンドは伝統的なIPOではなく、直接上場を検討する可能性がある。

  ソフトバンクの担当者はコメントを控えた。IPOを巡る協議については、米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が先に報じた。

原題:SoftBank Is Said to Consider IPO for $100 Billion Vision Fund(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE