コンテンツにスキップする

クラリダ副議長:FRBはデータ次第でいられる、経済は良好

  • 米国は完全雇用の確保と物価安定を達成、あるいはそれに近い
  • 物価圧力は抑制、インフレ期待は安定ー副議長

米連邦準備制度理事会(FRB)のクラリダ副議長は、米経済は良好で、当局の2大目標である最大限の雇用確保と物価の安定を達成しているか、それに近い状況にあると述べた。

  クラリダ副議長は3日、フーバー研究所がカリフォルニア州スタンフォードで開いた金融政策に関する会議で講演。講演原稿によると「米経済は非常に良好な状態にある」と発言。「失業率は約50年ぶりの低水準にあり、実質賃金は生産性に沿って上昇している。インフレ圧力は抑制、インフレ期待は安定している」と述べた。

  米金融当局が操作する短期金利は経済にとって中立と考えられる領域にあるため、当局は「2大責務の維持に向けわれわれの政策スタンスに一段の調整が仮に必要な場合、どういった調整になる得るのか」検証を進める中、データ次第の姿勢でいることが可能だと、クラリダ氏は指摘した。

  この日発表された4月の米雇用統計では、非農業部門雇用者数が26万3000人増。失業率は3.6%に低下した。米連邦公開市場委員会(FOMC)が3月にまとめた経済予測中央値によれば、完全雇用に相当する失業率は4.3%とみなされている。

  クラリダ氏は今回の失業率について、自然失業率として「推定される水準の多くを、大きく下回っていない」と話した。

原題:Clarida Says Fed Can Be Data Dependent as Economy in Good Shape(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE