コンテンツにスキップする

欧州穀物メジャーのルイ・ドレフュス、株式売却で協議中

  • 日本や中国の商社と話し合いを行っている-関係者
  • バルクコモディティー以外にも事業拡大を目指す-CEO

欧州の穀物メジャー、ルイ・ドレフュスは、株式売却について投資家と協議している。創業から168年、同族経営(ファミリービジネス)を続けてきた同社が、初めて外部資本を受け入れる可能性が出てきた。

  イアン・マッキントッシュ最高経営責任者(CEO)は株式の買い手を探し、中国のような成長著しい新興市場での事業拡大に役立てたいと話した。ドレフュスは砂糖や綿といったバルクコモディティーの取引で圧倒的な強みがあるが、その利益マージンは縮小している。マッキントッシュCEOは、より消費者に近い分野に進出して成長回復を狙う戦略を掲げる。

Ian McIntosh

イアン・マッキントッシュ氏

出所: Louis Dreyfus Company

  マッキントッシュ氏はロンドンでのインタビューで、「当社のビジネスはこの方向に展開していくとみており、地域のパートナーを持つことが成長戦略をてこ入れする上で強力な手段とだろう。その機会は今だと考えている」と述べた。同氏は話し合いの相手について、特定を避けた。

  事情に詳しい関係者が明らかにしたところによると、ドレフュスは世界で事業を展開するアジアの商社複数と初期的な話し合いを行った。日本の大手商社も幾つか含まれているという。

  部外秘の情報であることを理由に匿名を条件に話した関係者によると、ドレフュスCは候補として中糧集団(COFCO)や、その子会社の中糧国際など中国企業にも接触している。中糧集団の担当者からはコメントを得られておらず、中糧国際の広報担当者はコメントを避けた。

原題:Louis Dreyfus in Talks to Sell Equity Stakes to Key Partners(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE