コンテンツにスキップする

フィアット株急伸、通期目標の据え置き好感-1~3月低調でも

3日のイタリア株式市場で、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)の株価が上昇。同社がこの日発表した1-3月(第1四半期)決算では、利益がアナリスト予想を下回ったものの、マイク・マンリー最高経営責任者(CEO)が通期の利益目標を据え置いたことが好感された。

  フィアットの発表によれば、1-3月の調整後EBIT(利払い・税引き前利益)は前年同期比29%減の10億7000万ユーロ(約1330億円)。アナリスト予想のレンジ(11億9000万-18億2000万ユーロ)の下限に届かなかった。マンリーCEOは「ジープ」の新型ピックアップトラックや「ラム」の大型ピックアップトラックが、今年後半の売上高と利益率を押し上げるとの見方を示した。

  ミラノ株式市場でフィアット株は一時5%超の上げとなった。

原題:Fiat Shares Rally as Manley Confirms Outlook After Profit Miss(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE