コンテンツにスキップする

テスラ、株式発行の規模拡大-約20億ドルの調達計画発表後

From
  • 発行株数を270万株から310万株に、発行価格は243ドル
  • 自動運転がテスラに「変革をもたらす」技術とマスク氏

米テスラは転換社債と株式の発行で合計約20億ドル(約2200億円)を調達する計画を明らかにした後、株式発行の規模を拡大した。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  権限がないとして匿名で語った関係者によれば、発行株数は310万株と、270万株から増加。発行価格は243ドルと、2日の終値を0.5%下回る水準となる。

  イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は社債・株式発行への関心を喚起することを目的とした電話会議で、自動運転がテスラに「変革をもたらす」技術だとの見方を示した。電話会議に参加した関係者2人が明らかにした。

  電話会議が非公開として匿名を条件に語った関係者によれば、マスクCEOは自動運転がテスラの基本的な原動力であり、いかにして「時価総額5000億ドルの企業」になり得るかにおいて鍵になると述べた。 テスラの広報担当者にコメントを求めたが、これまで返答はない。

Tesla Analyst Miffed by Credit Sales Missing From Musk's Call

イーロン・マスク氏

写真家:Patrick T. Fallon / Bloomberg

原題:Musk Said to Make $500 Billion Autonomy Pitch to Investors (1)(抜粋)
Tesla Increases Stock Offering as Part of Plan to Raise Cash(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE