コンテンツにスキップする
Photographer: Pau Barrena/Bloomberg

ファーウェイ、スマホ市場でアップル再び抜いて2位に

  • アップルの中国での苦戦がファーウェイの躍進許す
  • スマートフォン全体の出荷台数は6四半期連続で減少
Dual rear facing cameras by Leica sit on the back of P10 smartphone, manufactured by Huawei Technologies Co Ltd. on the opening day of the Mobile World Congress (MWC) in Barcelona, Spain, on Monday, Feb. 27, 2017. Huawei updated its flagship line, introducing the P10 phone with Leica camera technology and curved edge at the industry's annual get-together, which runs through March 2.
Photographer: Pau Barrena/Bloomberg

中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ・テクノロジーズ)が1-3月期のスマートフォン市場でアップルを抜き、市場2位の座に就けた。韓国のサムスン電子からトップの座を奪う野心の実現に1歩近づいた。

  調査会社IDCの試算によれば、ファーウェイの出荷台数は前年同期比50%増えた。市場全体が6四半期連続で縮小する中、上位4社で出荷台数を増やせたのはファーウェイのみ。

Apple's Woes Persist

Huawei's closing in on Samsung in global market share as Apple struggles in China

Source: IDC

原題:Huawei Again Overtakes Apple as Global Smartphone Market Tanks (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE