コンテンツにスキップする

ギリアドの1-3月利益、予想上限上回る-新CEO初の四半期決算

  • 調整後1株利益は1.76ドル-市場予想1.61ドル
  • 売上高は52.8億ドル-市場予想53億ドル

バイオ医薬品メーカーの米ギリアド・サイエンシズが2日発表した1-3月(第1四半期)の利益は市場予想の上限を上回った。ダニエル・オデイ最高経営責任者(CEO)の下で発表された初の四半期決算となった。

  調整後1株利益は1.76ドルと、アナリスト予想中央値の1.61ドルを上回った。売上高は52億8000万ドル(約5900億円)。市場予想は53億ドルだった。

  3月に就任したオデイCEOは、最優先事項の一つが医薬品パイプラインの充実だと述べた。C型肝炎治療薬は同社を大手製薬会社に変身させたが、売上高はピークから減少している。ロシュ・ホールディング出身の同CEOは、ギリアドに勢いを再び持たせる方法を見つける必要がある。

  オデイCEOはギリアドでの四半期決算を巡っては自身初のアナリストとの電話会議で「これまでの業績の上にさらに積み上げられる可能性に引き付けられた」と説明した。

  ギリアド株は時間外取引で上昇。年初から2日の通常取引終了までは4.4%高。

原題:New Gilead CEO O’Day Says Boosting Drug Pipeline Is Top Priority(抜粋)
Gilead Beats Highest Estimates in New CEO’s First Quarter on Job(抜粋)
Gilead First Quarter Adjusted EPS Beats Highest Estimate(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE