コンテンツにスキップする

【NY外為】ドルが上昇、4月の米雇用統計に市場の注目移る

  • ドルは主要10通貨全てに対し上昇、原油相場が大幅下落
  • ポンドは小幅安、英中銀判断や総裁発言を消化

2日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが主要10通貨の全てに対し上昇。米利下げ観測の後退と、原油相場の大幅安が背景。金融政策の行方に関する追加の手掛かりを求め、投資家は翌日発表の米雇用統計に注目している。

  • ニューヨーク時間午後4時37分現在、ブルームバーグのドル・スポット指数は0.3%上昇。前日、パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長が将来の金利の道筋に関して辛抱強い姿勢を続けると述べた後の小幅高から、上げを拡大
    • 米国の原油在庫増加とロシアの生産を巡る懸念で原油相場が大幅安となる中、ドルは一部資源国通貨に対して特に大きく値上がり
  • 米10年債利回りは3日ぶりに上昇し2.54%。米国株は下げ、新興国通貨も下落
  • 3日発表される4月の米雇用統計についてエコノミストは、非農業部門雇用者数が前月比19万人増と予想
  • ユーロは0.2%安の1ユーロ=1.1174ドル
    • ドイツの4月製造業購買担当者指数(PMI)改定値が4カ月連続の縮小を示した
  • ポンドはドルに対し0.1%安の1ポンド=1.3035ドル
    • イングランド銀行(英中銀)のカーニー総裁は、市場が織り込む以上のペースで政策金利を引き上げる用意が同中銀にはあると述べた
    • ポンドは英中銀の政策発表後にいったん上昇した後、下げに転じた
  • ドルは円に対しては0.1%高の1ドル=111円50銭。対円で3営業日ぶりに上昇。111円67銭で日中高値を付けた
    • 株安を背景に円は幅広い通貨に対して上昇
  • 米ドルはカナダ・ドルに対し0.2%高の1米ドル=1.3472カナダ・ドル。一時は1.3477カナダ・ドルを付けた

欧州時間の取引

  ドルが主要10通貨の大半に対し下落。米利下げ観測が後退したことは特にドルの追い風にならず、ブルームバーグのドル指数はほぼ変わらず。ユーロは、域内製造業の不振が和らぎつつある兆候に支えられ、ドルに対し小幅高。

原題:Dollar Bests Peers as Traders Turn to Labor Data: Inside G-10(抜粋)
Dollar Pressured, Euro Supported by Factory Data: Inside G-10

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE