コンテンツにスキップする

物言う株主、バークレイズ取締役会入りの野心かなわず-株主総会否決

英銀バークレイズの戦略見直しを掲げて同行の取締役会入りを狙ったアクティビスト(物言う株主)の投資家、エドワード・ブラムソン氏の試みは失敗に終わった。

  ブラムソン氏は自身を執行権のない取締役に任命するよう求め、ロンドンで開かれたバークレイズ株主総会に決議案を提出。投票した株主の12.79%の支持しか得られなかった。株主全体で見れば9.4%にすぎない。

  ブラムソン氏は総会前に記者団に対し、「過半数の票を得られていないことを認識している」と話していた。同氏はバークレイズについて、「われわれの唯一の関心事は、価値を解き放つことだ。戦略を変える必要がある。バークレイズは物事がうまくいっていないことを認めている」と述べた。同氏は総会に出席したが、短時間で退出した。

Sherborne Investors Edward Bramson

エドワード・ブラムソン氏

Source: Sherborne Investors

  ブラムソン氏が率いるシャーボーン・インベスターズ・マネジメントは、バークレイズ株式の約5.5%を保有している。投資銀行業務の拡大に重点を置くバークレイズについてブラムソン氏は、いずれ資本増強が必要になり得ると主張し、その戦略に異議を唱えている。バークレイズはそれに対し、ブラムソン氏が取締役会入りすれば弊害がもたらされるとし、さらなる戦略的な改革を同行は必要としていないと反論している。

原題:Bramson Defeated in His Battle for Barclays Board Seat (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE