コンテンツにスキップする

米司法長官は偽証、トランプ氏は司法妨害-下院議長が会見で非難

米連邦議会のペロシ下院議長(民主党、カリフォルニア州)は2日、バー司法長官が「議会に虚偽の証言をした」と述べた。また、下院民主党議員からの召喚状に応じないトランプ大統領は司法を妨害していると批判した。

  ペロシ議長は記者会見で、「極めて深刻な問題は、米国の司法長官が議会に語った言葉が真実ではなかったということだ」とし、「それは犯罪だ」と述べた。

House Speak Nancy Pelosi Says AG Barr Lied to Congress and President Trump Is Obstructing Justice

記者会見するペロシ下院議長(5月2日)

Photographer: Anna Moneymaker/Bloomberg

  虚偽証言の疑いにどう対応するかとの質問に対し、ペロシ氏は司法委員会に委ねる考えを示した。

  「われわれは現在、極めて困難な状況にある」とし、上院の共和党議員らはトランプ政権内の不正行為の可能性について「一言も口にしない」ためだとペロシ氏は語った。

  司法省のケリー・クーペック報道官は「司法長官に対するペロシ下院議長の攻撃は根拠を欠き、無謀かつ無責任で、誤っている」と反論した。

  バー長官はこの日予定されていた下院司法委員会の公聴会に出席しないことを、前日同委員会に通告。司法省は1日遅く、モラー特別検察官がまとめた報告書の完全版を求めた召喚状に応じなかったことも確認した。

  ペロシ議長は記者会見で、「いかなる召喚状にも応じないとするトランプ氏の声明は、司法妨害にあたる」と述べた。

  バー長官によるどの発言が虚偽なのか、議長は記者会見で具体的に語らなかった。ただ、2日に民主党議員と非公開に協議した中で議長は、前日とは別の公聴会での証言に言及。モラー特別検察官の報告書に関しバー長官がまとめた4ページの概要について、特別検察チームのスタッフがなぜ不満に思うのか分からないと長官が答えたことを挙げ、これは虚偽だと述べた。パー長官が3月にこの概要を発表した翌日、モラー氏がこれに対する不満を直接バー長官に表明していたことが、今週明らかになっている。

  ペロシ氏は「バー長官は議会に虚偽の証言をした。誰であってもその行為は犯罪とみなされる」と述べた。

原題:Pelosi Says Barr Lied to Congress and Trump Obstructed Justice(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE