コンテンツにスキップする

米建設大手フルアー株急落、CEOが辞任-予想外の1-3月赤字受け

2日の米株式市場で、エンジニアリング・建設会社のフルアーがほぼ20年ぶりの大幅安。1-3月(第1四半期)決算で損益が予想外の赤字となった後、 デービッド・シートン最高経営責任者(CEO)が辞任した。

  フルアーの利益、および同社に対する投資家の信頼感はここ数年に打撃を受けていた。同社が製油所から発電所、海洋石油プラットフォームに至るプロジェクトで生じた一連の評価損を吸収したことが背景。

  同社発表によると、調整後の1-3月損益は1株当たり14セントの赤字。アナリスト予想は52セントの黒字だった。売上高は前年同期比13%減の41億9000万ドル(約4700億円)。アナリスト予想の48億1000万ドルを下回った。

  ニューヨーク時間午前11時24分現在、フルアーの株価は24%安。一時は28%下げ、少なくとも2000年12月以来の大幅下落となった。

原題:Fluor Sinks Most on Record as CEO Steps Down After Surprise Loss(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE