コンテンツにスキップする
Photographer: Luke Sharrett/Bloomberg

米労働生産性、2014年以来の大きな伸び

An American flag hangs above a worker operating a forklift at a manufacturing facility in Virginia Beach, Virginia.
Photographer: Luke Sharrett/Bloomberg

米国の1-3月(第1四半期)の労働生産性は市場予想以上に伸びが加速し、2014年以来の大きな上昇率となった。労働省が2日発表した。トランプ政権による減税措置はインフレ高進を引き起こすことなく景気を押し上げるという、政権側の主張を補強する内容だった。

キーポイント
  • 1-3月の非農業部門の労働生産性指数は前期比年率3.6%上昇
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の全てを上回った
  • 昨年10-12月(第4四半期)は1.3%上昇(速報値1.9%上昇)に下方修正された
  • 単位労働コストは0.9%低下。前四半期は2.5%上昇
U.S. output per hour increased by the most since 2014 in the first quarter

インサイト

  • 1-3月に労働生産性指数が上昇したのは、米経済の成長加速も一部反映している。第1四半期の米実質国内総生産(GDP)速報値は前期比年率3.2%増と、市場予想を上回った
  • 労働生産性の上昇がこのまま続くかどうかを判断するには、なお時間がかかるとみられる。2007年から18年にかけての同指数の平均的な伸びは1.3%だった
  • 1-3月の生産は4.1%上昇。労働総投入量は0.5%上昇と、15年以来の低い伸びにとどまった

詳細

  • 1-3月の労働生産性指数は前年同期比では2.4%上昇と、2010年以来の大きな伸び。一方、単位労働コストは0.1%上昇と13年以来の低い伸び
  • 時間当たり実質給与は前期比年率で1.7%上昇。前四半期は2.3%上昇。名目では2.6%上昇で、この3四半期で最も低い

統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. First-Quarter Productivity Rises 3.6%, Fastest Since 2014(抜粋)

(詳細を追加して更新します)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE