コンテンツにスキップする

英中銀:金利据え置き、緩やかな利上げ示唆-成長予測は上方修正

  • 全会一致で据え置きを決定、市場予想に一致
  • 19年のGDP予測は1.5%増、従来の1.2%増から引き上げ

イングランド銀行(英中銀)は2日、 経済成長が加速しているが利上げは急がないと示唆した。金融政策当局者は政策金利を当面据え置く必要があるとの見解で一致した。

  英中銀の金融政策委員会(MPC)は経済見通しを上方修正して成長率予測を引き上げ、失業率のさらなる低下を見込んだ。さらに経済は従来予想以上の需要過剰をもたらすと予測した。一方で、インフレ見通しは引き下げた。市場では現在から2021年までに0.25ポイントの利上げが1回だけあると織り込んでいる。

Slower Inflation

The BOE lowered its inflation forecasts for this year and next

Source: Bank of England

  MPCは議事録で「国内のインフレ指標からは引き続き強弱混在した兆候が見られている。さらなる情報を待つことの代償は比較的低い」と指摘した上で、「予測対象期間においては、漸進的なペースかつ限定的な金融政策引き締めを継続することが適切だろう」との見方を示した。

  9人のメンバーから成るMPCは全会一致で0.75%での政策金利据え置きを決定。ブルームバーグがまとめた調査では、62人のエコノミスト全員が据え置きを予想していた。

  今回はEU離脱期限が10月まで再度延期されて以来初のMPC会合だった。離脱を巡る不確実性が経済を取り巻き、投資はこの1年冷え込んでいる。議事録では離脱の時期と内容が依然として見通しを左右する最大要素だと指摘した。

  金融政策当局者はなおスムーズな離脱を見込んでおり、離脱延期は今回の経済予測に大きな影響を及ぼしていない。ただEU離脱に伴い短期的な経済指標は変動が大きくなり、解釈が難しくなる可能性もあるとした。
  
  中銀は今年の国内総生産(GDP)予想を1.5%増と、従来の1.2%増から上方修正した。今年1-3月期の成長率見通しは0.5%と、3月予測の0.3%から引き上げられた。

  中銀はまた今年のインフレ率予測を引き下げたが、向こう2年間の同予測は維持した。下方修正の要因としてエネルギー価格の低下とポンド上昇を挙げた。

原題:Bank of England Hints at Slow Rate Hikes Even as Growth Improves(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE