コンテンツにスキップする

オキシデンタル社用機がパリへ、アナダルコ買収案の発表後に

  • 社用機は4月26日にパリにいた-フライト追跡データ
  • 事業分離を巡り仏トタルを訪問した可能性-ゴードン・ハスケット

米石油大手オキシデンタル・ペトロリアムの社用ジェット機は、資産家ウォーレン・バフェット氏の地元へ飛行する2日前の4月26日、パリに向かった。フライト追跡データ、フライトエアマップの情報で明らかになった。

  オキシデンタルは先月24日に独立系石油・天然ガス会社のアナダルコ・ペトロリアムに380億ドル(約4兆2256億円)の買収案を公に提示した。オキシデンタルは買収計画の一環として最大150億ドルの資産売却や、買収が実現した場合にモザンビークで進めているアナダルコの液化天然ガス(LNG)輸出プロジェクトをいつか手放す可能性を明らかにした。

  ゴードン・ハスケット・リサーチ・アドバイザーズでイベントドリブンの調査チームを率いるドン・ビルソン氏は1日、CNBCのインタビューで、オキシデンタルは仏トタルを訪問した可能性があるとの見方を示した。トタルはLNG市場の主要企業であり、モザンビークでガソリン販売店網を持っている。

  トタルとオキシデンタルの担当者にコメントを求めたが返答は得られていない。

  フライトデータによると、この社用ジェット機は28日にバフェット氏率いる米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイの本社があるネブラスカ州オマハに到着した。オキシデンタルは30日にバフェット氏が同社に100億ドルを投じてアナダルコ買収計画を支援すると発表した。

原題:Occidental Jet Flew to Paris After Anadarko Offer, Data Shows(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE