コンテンツにスキップする

米ADP民間雇用者数:4月は9カ月ぶりの高い伸び-予想上回る

4月の米民間雇用者数は昨年7月以来の大幅な増加となった。給与明細作成代行会社のADPリサーチ・インスティテュートが1日、給与名簿に基づく集計調査を発表した。これによるとサービス業や中規模企業での伸びが目立った。3日の米雇用統計発表を控え、雇用市場の堅調が示唆された。

キーポイント
  • 民間雇用者数は27万5000人増
    • ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想全てを上回る
    • 予想中央値は18万人増
    • 3月は15万1000人増(速報値12万9000人増)に上方修正
  • サービス業の雇用者数は22万3000人増、ほぼ3年ぶりの大幅な伸び
U.S. companies hired in April at the best clip in nine months

インサイト

  • 前月からの持ち直しは、労働市場の基盤安定を示唆。企業は従業員の採用とつなぎ留めに努めている。前月は18カ月ぶり低水準の速報値から上方修正された。3日発表の4月の米雇用統計では、雇用者数は過去3カ月平均の18万人をわずかに上回る伸びが予想されている
  • ムーディーズ・アナリティクスのチーフエコノミスト、マーク・ ザンディ氏は「雇用市場はしっかりしており、企業は欠員の確保に懸命に取り組んでいる」と指摘。ムーディーズはADPと共同で集計調査を行う。「今年初めに見られた経済の軟調局面は雇用に大きな影響を及ぼしていない。4月の雇用増加は経済の強さを誇張しているものの、拡大の継続を示唆している」と述べた

詳細

  • 財生産部門の雇用は5万2000人増。建設業がけん引。一方、天然資源・鉱業は2000人減少
  • サービス業では、専門職・ビジネスサービス、 教育・医療サービス、娯楽・ホスピタリティーの伸びが目立った
  • 従業員数20人未満の小規模企業の雇用者数は増加。中規模企業の雇用者数は14万5000人増と、2010年以来の大幅な伸び。大企業は5万3000人増に減速

原題:U.S. Firms Added Most Workers in Nine Months in April, ADP Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE