コンテンツにスキップする

中国、金融セクターの開放進める-海外からの本土銀行出資規制を緩和

  • 本土の銀行への単一投資家による出資上限が撤廃される予定
  • 「国内外の企業を平等に扱う原則の下」で出資上限廃止へ
relates to 中国、金融セクターの開放進める-海外からの本土銀行出資規制を緩和

中国は本土銀行への出資を計画している外国金融機関に関するルールを緩和する。米中両国が通商協議で合意を目指す中で、中国銀行保険監督管理委員会(銀保監会)があらためて規制緩和策を示した。

  銀保監会のウェブサイトに1日掲載された声明によれば、金融セクターの開放を促進する多数の措置の一環として、本土の銀行への1投資家当たりの出資上限が撤廃される予定。

  銀保監会の郭樹清主席は「国内外の企業を平等に扱う原則の下で、外国および本土の単一株主による本土商業銀行への投資上限を廃止する」と説明した。

原題:China Unveils Plans to Further Open Up Banking and Insurance(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE