コンテンツにスキップする

ホワイトハウスは中国との貿易協議打ち切りも-早期妥結なければ

  • 米中協議は「永遠には続かず」-マルバニー大統領首席補佐官代行
  • 米政府、今後2週間で決着させるべく圧力を強める

米ホワイトハウスは中国との貿易協議を今後2週間で決着させるべく圧力を強めており、早期に妥結しなければ、米国が交渉の場から立ち去る用意もあると警告している。

  マルバニー米大統領首席補佐官代行はロサンゼルスで4月30日に開かれたイベントで米中協議が「永遠には続かない」と発言。「どのような交渉もある時点で、『何かを成し遂げることに近づいているため前進し続ける』ことになるか、『これはどうにもならない』と言ってお手上げだと諦めるかだ」と述べ、「今後2週間でどちらになるのか分かるだろう」とコメント。ホワイトハウス側には合意をまとめる「熱意」はないと付け加えた。

Key Speakers At The 2019 Milken Conference

ビバリーヒルズで開催されたミルケン・インスティチュート・グローバル・カンファレンスで話すマルバニー米大統領首席補佐官代行(4月30日)

写真家:Kyle Grillot /ブルームバーグ

  トランプ政権は米中貿易戦争を終結させる合意の成立見通しについて、これまでおおむね楽観的なトーンだったが、4カ月にわたる集中協議を経て焦りも見せ始めている。ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表とムニューシン財務長官は今週、北京で協議に臨んでおり、来週には中国の劉鶴副首相がワシントンを訪問する。

  ムニューシン財務長官はFOXが29日放送した録画インタビューで、北京とワシントンでの協議後に「大統領に米中合意を進言するか、合意しないよう進言」したい意向だと述べた。同長官は5月1日、劉副首相と「良いワーキングディナー」を前日持ったと北京の記者団に語った。

U.S. Negotiators Land in Beijing as Data Show Fragile Economy

ムニューシン米財務長官(北京で、4月30日)

写真家:Gilles Sabrie / Bloomberg

原題:White House Says Ready to Walk If No China Trade Deal Soon (1)(抜粋)Mnuchin Says He Had ‘Nice Working Dinner’ With China’s Liu

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE