コンテンツにスキップする

GM株が下落、トラックのシェアが縮小-中国不振が利益を圧迫

米自動車最大手、ゼネラル・モーターズ(GM)の株価が1カ月ぶりの大幅安。新たなピックアップトラックの投入に時間がかかったことに加え、中国自動車市場の減速が響き、1-3月(第1四半期)は減益となった。

  純売上高は349億ドル(約3兆8900億円)に減少し、アナリストの予想を5億ドル余り下回った。調整後の1株当たり利益は1.41ドルと、市場予想を上回った。3月に株式を公開した米配車サービス、リフトの保有分の価値上昇や、フランスの自動車メーカー、プジョーがGMのドイツ・ブランドであるオペルを再建したことが寄与した。

  GMは北米市場でシェアが縮小した。シボレー「クルーズ」など低迷するセダンの生産をやめたほか、ライトトラックの新モデル投入に数カ月かかったことが影響した。後部座席のあるクルーキャブのピックアップトラックは利益率が高く、売れ行きも順調だが、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)のピックアップトラック「ラム」に売り上げで先を越されている。業界全体に低迷が広がる中国では、GMは生産削減を余儀なくされた。

  GM株は一時3.6%下落し、日中取引としては3月20日以来の大幅安となった。

原題:GM Drops as Truck Share Tumble, China Challenges Drag on Profit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE