コンテンツにスキップする

米雇用コスト指数:1-3月は0.7%上昇-市場予想と一致

更新日時

1-3月(第1四半期)の米雇用コスト指数(ECI、季節調整後)は、前期と同ペースでの伸びとなった。賃金で安定した上昇が見られた。

  米労働省の30日発表によると、1-3月の雇用コスト指数は前期比0.7%上昇。伸びはブルームバーグがまとめたエコノミスト予想と一致した。昨年10-12月(第4四半期)も0.7%上昇だった。

  1-3月は、前年同期比では2.8%上昇となった。

インサイト

  • 今回の統計は、タイトな労働市場環境を受けて雇用主が賃金や報酬の引き上げを継続していることを示唆
  • 雇用コスト指数の上昇は、インフレが勢いを維持していることも示している。現在の景気拡大期において、インフレは相対的に抑制されている
  • 民間部門の賃金・給与は前年同期比3%上昇と、過去4四半期とほぼ同ペースでの伸び

  統計の詳細は表をご覧ください。

原題:U.S. Employment Costs Rise 0.7% in First Quarter, as Forecast(抜粋)

(統計の詳細を追加し、更新します)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE