コンテンツにスキップする

ドイツ失業者は4月に1.2万人減、市場予想を上回る減少

ドイツの失業者数は4月も前月比での減少が続いた。欧州最大の経済大国である同国の景気見通しに、企業が今も期待を失っていないことが示唆された。

  ドイツ連邦雇用庁が発表した失業者数は前月比1万2000人減の222万人。市場予想の7000人減を上回る減少幅だった。同庁は労働者に対する需要は極めて高い状態が続いていると指摘した。

  製造業は低迷しているものの、サービス業が需要をけん引している。ドイツ連邦銀行(中央銀行)は今年1-3月(第1四半期)の国内総生産(GDP)について緩やかな拡大を予想している。第1四半期GDP速報値は5月15日に発表される。

German unemployment extended decline in April

原題:German Joblessness Falls in Sign of Confidence in Growth Rebound(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE