コンテンツにスキップする

WeWork、米当局に非公開でIPOを申請

WeWork’s Revenue Doubled Last Year. So Did Its Losses
Photographer: Ruhani Kaur/Bloomberg
WeWork’s Revenue Doubled Last Year. So Did Its Losses
Photographer: Ruhani Kaur/Bloomberg

世界最大のシェアオフィス運営会社、米ウィーワークは新規株式公開(IPO)の申請で米証券取引委員会(SEC)に書類を非公開で提出したことを明らかにした。

  同社の発表によると、IPO申請で昨年12月に最初の届け出を行ったが、ここ最近に書類を更新して再提出した。IPOが実現すれば、米国ではウーバー・テクノロジーズに次いで今年2番目の規模になるとみられる。

  ウィーワークにはソフトバンクグループも出資している。ソフトバンクによる1月の出資により、ウィーワークの評価額は470億ドル(約5兆2500億円)となった。

原題:WeWork Files Confidentially to Hold Initial Public Offering (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE