コンテンツにスキップする

増税ないし利上げなら、米経済にリスク-ブラックストーンCEO

  • シュワルツマン氏、民主党候補者が掲げる政策に懸念示す
  • 金融当局が利上げ時期で判断誤るとは考えず-シュワルツマン氏
スティーブン・シュワルツマンCEO

スティーブン・シュワルツマンCEO

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg
スティーブン・シュワルツマンCEO
Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

米投資会社、ブラックストーン・グループのスティーブン・シュワルツマン最高経営責任者(CEO)は、民主党によって税制が劇的に変化する、あるいは米金融当局によって政策金利が引き上げられる場合、経済に衝撃が及ぶ可能性があるとの見方を示した。

  シュワルツマン氏はロサンゼルスでブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じ、「民主党が勝利し、税制面で劇的な変化があれば、経済を抑制する要因となり得る」と指摘。2020年米大統領選へ民主党からの出馬を目指す候補者らが掲げる政策の一部は、経済を減速させる恐れがあるとシュワルツマン氏は述べた。同氏はトランプ大統領が立ち上げ、後に解散した経済助言組織でトップを務めていた。

  シュワルツマン氏はまた、利上げも経済の足かせになるとしつつ、当局が利上げ時期の判断を誤るとは思わないと述べた。

  同氏は「金融当局者らが過ちを犯すようなことはないと、私は常々考えている」とし、「金融当局はシステムの守護者であって、敵ではない」と述べた。

ブラックストーンのシュワルツマンCEOのインタビュー

Source: Bloomberg)

原題:Schwarzman Sees Potential Risk to Economy in Higher Taxes (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE