コンテンツにスキップする
Photographer: Simon Dawson

ユーロ圏景況感指数、16年以来の低水準に-10カ月連続で悪化

Pedestrians are seen walking through the More London office space against the backdrop of Tower Bridge in London, U.K., on Wednesday, April 24, 2013. The pound rose for a third day against the euro before an industry report that economists said will show U.K. retail sales increased and amid speculation the Bank of England's loan-program extension will boost the economy.
Photographer: Simon Dawson

ユーロ圏景況感指数は4月に約2年半ぶりの低水準に落ち込んだ。悪化は連続10カ月となり、ユーロ圏の回復は厳しいことが示唆された。

  欧州連合(EU)の欧州委員会が発表した4月の景況感指数によると、世界の景気減速や域内の問題などで、企業は一段と苦境に立たされていることが示された。特にドイツの自動車業界は大きな問題を抱えている。

Economic confidence in Germany and the euro area continue to fall
ユーロ圏実際前月
景況感104105.6
鉱工業-4.1-1.6
サービス11.511.5
消費者信頼感-7.9-7.2
業況判断0.420.54

  景況感指数は2016年9月以来の低水準。生産見通しや受注、在庫について悲観的な見方が強まっていることが示された。

原題:Euro-Area Economic Confidence Slips to Lowest Since 2016 (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE