コンテンツにスキップする

ボーイング、MAXに重大な警告機能なしと説明-ライオンエア墜落後

  • センサーの異常を知らせる警告機能、MAXに標準装備されず
  • 説明受けたのは昨年10月のライオンエア事故後-サウスウエスト航空

ボーイングは昨年10月に起きたインドネシアの格安航空会社ライオンエア機の墜落事故後にようやく、センサーの異常をパイロットに知らせる警告機能が737MAXに標準装備されていなかったことを米サウスウエスト航空に伝えた。同航空はMAXを34機と最も多く保有する。

  サウスウエスト航空は28日、737の前世代機と同様に警告灯が全てのMAXで作動すると同社とパイロットは考えていたと説明した。

  サウスウエスト航空パイロット組合のジョン・ウィークス委員長はこの「迎え角(AOA)不一致アラート」について、「これを機能させるのにプライマリー・フライト・ディスプレーに2つのAOAインジケーターが必要だとは説明されなかった」と話す。

TOPSHOT-US-AVIATION-BOEING

サウスウエスト航空が保有する737MAX

Photographer: Mark Ralston/AFP via Getty Images

  ボーイングがMAXに関してソフトウエアをアップデートすれば安全だと各航空会社や監督当局を説得しようとしている中、MAXを巡り新たな問題が浮上したことになる。同センサーや自動失速防止システム(MCAS)として知られる新たなソフトの極めて重要な詳細について、航空会社や当局にボーイングがどのように説明していたのかが既に調査対象になっている。米パイロット労組はMCASに関して乗務員マニュアルやトレーニング資料で説明されていなかったと憤りを示している。

  サウスウエストの広報担当者、ブランディー・キング氏はボーイングから伝えられるまで、MAXのプライマリー・フライト・ディスプレーにはAOAが機体のフライトコンピューターに矛盾するデータを送った際に発せられる警告も当然含まれると考えていたと述べた。

  昨年10月に起きたライオンエア機の墜落事故後、ボーイングは不一致アラートについて、顧客が追加のAOA表示装置を購入して初めて機能するものだとサウスウエストに伝えた。前世代の737NGではこれは当てはまらなかった。

  ボーイングの広報担当、チャズ・ビッカーズ氏は電子メールで、「新しいソフトのアップデートでは2つの機能を分け、AOAの不一致アラートは単独の標準装備となり、AOAインジケーターは引き続き顧客が選択する追加オプションになる」と回答した。

原題:Boeing Told Southwest After Lion Crash That Max Lacked Key Alert(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE