コンテンツにスキップする

衆参同日選「差し迫ったテーマない」と二階自民幹事長-共同

  • 利上げ繰り返しで「やり過ぎたと懸念は常にある」とストックトン氏
  • インフレ鈍化で緩和考えざるを得なくなるリスクある-JPモルガン

米連邦公開市場委員会(FOMC)が4月30日、5月1日両日に開かれる。一部の当局者は1995年のことが頭をよぎるかもしれない。

Federal Reserve Board Holds Open Meeting

パウエルFRB議長

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  その年、米金融当局は政策を転換し、継続的な利上げ後に一転して利下げに踏み切った。一部の当局者や投資家は現在、昨年の計4回の利上げ後に金融緩和に転じる必要があるのかと思案し始めている。

  連邦準備制度理事会(FRB)に当時在籍していたピーターソン国際経済研究所のデービッド・ストックトン氏は、「95-96年の局面と現在の状況には幾つかの類似点が確かにある」と指摘。利上げを繰り返したことで「やり過ぎたかもしれないとの幾分の懸念が常にある」と話す。

Fed trimmed rates in 1995-96 after jacking them up

  今週開催のFOMCでは政策金利の据え置きが広く見込まれている。FRBウオッチャーは、FOMC後の声明とパウエル議長の記者会見で、金融当局が年内利下げに備えているのかを巡る手掛かりを探ることになる。

  JPモルガン・チェースのチーフエコノミスト、ブルース・カスマン氏は「現行水準に長く据え置かれると私は考えているが、インフレ鈍化で緩和を考えざるを得なくなるリスクはある」と語る。

  米金融当局はインフレ圧力が和らいでいるとして95年7月と12月、96年1月にそれぞれ利下げを行った。

Fed fails to convincingly hit its 2% inflation target

  他にも類似点がある。米金融当局は労働市場が極めて逼迫(ひっぱく)し、株価も堅調と判断しながらも95-96年に利下げを進めた。

  そして政治的な側面もある。当時のクリントン大統領は96年の大統領選で再選を目指し、トランプ現大統領も来年に選挙を控えている。

  ピーターソン国際経済研究所のストックトン氏は、FOMCが最終的に利下げに踏み切ると見込んでいる。ある時点で「幾つかの保険を掛けることになるだろう」と指摘。95-96年のように「実行するリスクは比較的低い」とコメントした。

原題:Fed May End Up Seeing 1995-96 Rate Cuts as a Template for Today(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE