コンテンツにスキップする
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

「ばかげた間違い」なければ米景気拡大は継続可能

  • バーナンキ元議長はFRBの「正しい選択を確信」と語る
  • 景気後退でも金利下げ余地あまりなし、他国さらに少ない-元議長
Hulu LLC signage is displayed at the Nasdaq MarketSite in New York, U.S., on Friday, Jan. 18, 2019. Stocks rose to the highest level in more than a month as signs the U.S. and China are closing in on a trade truce and stronger factory numbers boosted investor confidence in the global economy.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

ガイトナー元米財務長官は28日、10年にわたる米国の景気拡大について、「何らかのばかげた間違い」がない限り、継続不可能である理由はないとの見解を明らかにした。同氏は今回の景気拡大を「緩やかな回復」と表現した。

Bernanke, Geithner, And Paulson Speak On Global Financial Crisis At Brookings Institution

ガイトナー元財務長官

Photographer: Zach Gibson/Bloomberg

  同氏はCNNテレビの番組「ファリード・ザカリア・GPS」にバーナンキ元連邦準備制度理事会(FRB)議長、ポールソン元財務長官と共に出演。3人は2007-08年の金融危機から米経済を救済する上で主要な役割を果たした。  

  ガイトナー氏は「これは非常に緩やかな回復だ。人々の警戒心を非常に強めた深刻な景気悪化の後に起きた」と述べ、「何らかのばかげた間違いを犯さない限り、景気拡大は継続可能だ」との考えを示した。

  バーナンキ氏は米経済が10年前よりもはるかに安定した状況にあると述べ、FRBが政策に関して「正しい選択をする」と確信していると発言。「彼らは政治的干渉なしにそうすべきだ」と付け加えた。

  また同氏は米国が次のリセッション(景気後退)に直面した場合、金利の引き下げ余地はあまりないと指摘。他の国は利下げ余地がさらに少ない状況にあると語った。

原題:Geithner Says U.S. Expansion Can Continue Absent ‘Dumb Mistakes’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE