コンテンツにスキップする

ジャナスのマラウツォス氏:今年の米利下げ予想に否定的見方

  • マラウツォス氏は2020年後半まで利下げはないと指摘
  • 同氏は著名な債券投資家ビル・グロース氏の後任

ジャナス・ヘンダーソン・グループ で伝説の債券投資家として知られたビル・グロース氏の後任に就いたニック・マラウツォス氏は26日、ブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、米金融当局が今年利下げに踏み切るとの市場の見通しに否定的な見方を示した。

  フェデラルファンド(FF)金利先物の動向によると、市場は来年1月までの利下げを見込んでいる。マラウツォス氏は、当局の次の動きは恐らく実際に利下げになるだろうが、それは2020年後半まではないと語った。

  ジャナス・ヘンダーソン・アブソルート・リターン・インカム・オポチュニティーズ・ファンドのマネジャーを務める同氏は「市場が当局のより積極的な利下げを織り込み始める結果、米国のイールドカーブはスティープ化するとわれわれは予想する」と指摘。「市場は少し先走りしていると思う」と述べた。

  同氏は3月にグロース氏が運用していたファンドを引き継いだ。

原題:Janus’s Maroutsos Says Traders Making a Mistake on Fed Cuts (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE