コンテンツにスキップする

茂木再生相、農業分野で状況改善したいと米大統領指摘-首脳会談で

茂木敏充経済財政・再生相は26日、日米首脳会談後に記者団に対し、環太平洋連携協定(TPP)や日本と欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)発効を受け、農業分野で状況を改善したいとトランプ大統領から話があったとことを明らかにした。日米貿易交渉の早期達成に向け、「首脳会談では早期に合意をめざすことで一致」したとも述べた。主な発言は次の通り。

  • 米通商拡大法232条による自動車関税発動の議論はなかった
  • 昨年9月の日米共同声明に沿って物品貿易で議論進んでいることを両首脳は歓迎
  • 安倍首相はデジタル貿易でも前向きの議論を期待と表明
  • 具体的中身で今日突っ込んだ議論があったわけではない
  • 私とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表との間ではいつまでに合意するかの話出てない
  • ライトハイザー代表との協議は共同声明に沿って行うことを確認
  • そこには日本として過去の経済連携協定での内容が最大限であると盛り込まれている
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE