コンテンツにスキップする

ウーバーの評価額は9兆円超も、年初来で最大規模のIPOとなる公算

  • ウーバーは最大で90億ドルの資金調達を目指す
  • ペイパルは私募通じてウーバーに5億ドルを出資へ

配車サービス会社の米ウーバー・テクノロジーズは、新規株式公開(IPO)で最大90億ドルの調達を目指している。IPO後の同社の時価総額は840億ドル(約9兆3800億円)相当に上る可能性がある。

  同社が26日に監督当局に提出した届け出によると、ウーバーは1億8000万株を売却する計画で、IPO価格の仮条件レンジは1株44-50ドルとなっている。同社は5月にニューヨーク証券取引所に上場する計画で、米国では年初来で最大規模のIPOとなる見込み。

  米ペイパル・ホールディングスは私募を通じてウーバーに出資することに合意しており、5億ドル相当のウーバー株をIPO価格で取得する。

  ウーバーIPOの共同主幹事はモルガン・スタンレー、ゴールドマン・サックス・グループ、バンク・オブ・アメリカ(BofA)が務める。ブルームバーグが閲覧した条件概要書によれば、主幹事のバンカーとウーバーの経営陣は26日に投資家へのロードショーを開始する。同文書によると、ウーバーは5月9日にIPO価格決定を目指している。

原題:Uber Aims for $84 Billion Valuation in Year’s Largest IPO (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE